講師紹介

一新塾の講師 【政策系】

桜井 勝延 氏
前南相馬市長・元農家

【プロフィール】
1956年、福島県原町市江井(現・南相馬市原町区江井)生まれ。
幼いころから農作業を手伝う。1974年、宮澤賢治に憧れて岩手大学農学部に進学。卒業後、農業の現場に入る。
2000年、産業廃棄物処分場の反対運動に立ち上がる。2003年、市議会議員選挙当選。2010年、南相馬市長選挙に立候補し当選。2018年1月までの2期8年、住民主体の政治への変革を図る。3.11の試練の状況が続く中、市民と一緒に復旧・復興に邁進。

【担当講義】
「命を守り、未来を築く~現場主義で希望ある南相馬をつくる」

2011年3月11日、東日本大震災。そして、福島第一原発の原子炉建屋が相次いで爆発。南相馬市は、原発から半径20キロ、30キロで市域が分断され物流が断絶。市内にとどまっていた2万人の市民に救援物資も届かない。この危機的状況が報じられないことに業を煮やし、桜井氏はTV番組や「YouTube」で窮状を訴える。反響は大きく、世界各国から物資が送られる。米国タイム誌から2011年版の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれる。
現場主義で揺るがぬ信念で地域住民のために力を尽くされてきた桜井氏のリーダーシップを学ばせていただきたい。そして、避難指示解除を経て、南相馬市の復興から発展に向け、私たちに何ができるか向き合う機会とさせていただきたい。

無料体験ワーク&説明会

  • 社会起業系の講師陣
  • 政策系の講師陣
  • 市民プロジェクト系
  • カリキュラム

    無料体験ワーク&説明会