講師紹介

一新塾の講師 【社会起業・政策提言】

湯浅 誠 氏
社会活動家 ・ 東京大学特任教授
NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長

【プロフィール】
1969年東京都生まれ。東京大学法学部卒。
1995年よりホームレス支援。2003年よりNPO法人自立生活サポートセンター・もやい事務長。2007年より反貧困ネットワーク事務局長。2008~09年の「年越し派遣村」では村長を務める。
2009年から足かけ3年間内閣府参与に就任。
2018年よりNPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 理事長。2019年より東京大学先端科学技術研究センター特任教授。
著書に『つながり続ける こども食堂』(中央公論新社 2021年)『「なんとかする」子どもの貧困』(角川新書2017年)『ヒーローを待っていても世界は変わらない』(朝日新聞出版2012年)、『つながり続ける  こども食堂』 (中央公論新社 2021年6月)
NHK・Eテレ「東北未来塾」にも講師出演。

【担当講義】
「つながり続けるこども食堂~誰も取りこぼさない共生社会」

湯浅氏は、政府や大メディアが「生活が苦しくなったのは自己責任だ」という見方が強かった中、この問題を多くの人に分かってもらうために「フードバンク」、「自立生活サポートセンター・もやい」の立ち上げなど、現場主義で具体的解決策に着手。

2008年の“派遣切り”で貧困問題が表面化。「真面目に働いていれば、貧困者にはならない」との価値観が覆された中、反貧困の市民活動の最前線に立つ。
2009年から足かけ3年、内閣府参与として現場のニーズを政策決定につなげるべく奮闘。

2018年にはNPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえを設立。こども食堂の支援を通じて、誰も取りこぼさない社会をつくるため邁進。

湯浅氏より現場主義での社会変革の姿勢を学ばせていただきたい。


無料体験ワーク&説明会

  • 社会起業系の講師陣
  • 政策系の講師陣
  • 市民プロジェクト系
  • カリキュラム

    無料体験ワーク&説明会