塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

一新塾卒塾生 八田飛鳥さん(インドでHASORA起業)

八田飛鳥 氏

HASORA Organic India 共同代表
(インドで有機野菜の産直事業「ハソラ」)
一新塾25期卒塾

◎入塾前は会社員
→インドで有機野菜の産直の会社を立ち上げ(宅配・カフェも経営)


「インドで産地直送の安全な食を」


私は中学高校は陸上部で走ってばかりいる元気な女の子でした。中2でアメリカのサマーキャンプに行ったのをきっかけに大学はアメリカの大学に進学。日本に戻ってベンチャーに就職しましたが、日本文化にカルチャーショックを受け、もやもやしていました。

そんな時、一新塾卒塾生だった父親が、悩んでいる私に向けて一新塾のチラシを机に置いておいてくれたのです。
説明会に参加して、一新塾に入塾しました。当時は20代半ば、一新塾のような多様な方かつ世代を超えての関りは、初めてでした。
一新塾では、塾生の中で最年長の方とチームプロジェクト活動をすることになり、「何歳になっても情熱をもっていろんな人を巻き込んでゆけるのだ」ということを体験させてもらいました。

卒塾した私に転機をもたらしたのは、祖母が亡くなったことです。初めて親戚を亡くしたことで、人生は有限なんだと気が付きました。
経済格差に対して何かをしたいという秘めていた思いを果たすことが祖父母への恩返しにもなると思い、日本の会社を辞めてインドに渡る決心をしました。双子の姉はすでに2年前にインドに行っていて、遊びに行ったときに「ここだ」と思う体験をしていたという背景もあります。

インドでは2012年から日本の人材紹介会社に勤務していましたが、2016年に双子の姉と共にHASORAを起業しました。
ハソラは産地直送の安全な食(野菜等)を届ける事業で、インドは新鮮な野菜が都会に届くのに5日もかかってしまうという流通に課題がありました。毎回問題が起きては解決の連続で、最初の3年はそんな感じでしたが、その後にコロナ禍となり、食の安全に対する意識が高まり、宅配事業が伸びてゆきました。

HASORAを始めて、7年たって思うのは、情熱をもって120%で行動していれば必ず助けてくれる人が現れて問題も解決するという事です。

現在は、ワンストップで安全な食を届けられるようになったので、今後は、インドにある身体にいいものを日本にもお届けしたいと思っています。インド直送カレーセットの販売を最初に始めています。そしてインドに進出したい会社のサポートもしてゆきたいと思っています。

好きな言葉に「千里の道も一歩から。」という言葉がありますが、「千里の道も半歩から」と言わせていただきたいと思います。
一歩ではハードルが高くても半歩前に踏み出してみると、それによって人生は変わると思います。

八田飛鳥(ハソラ共同代表)


▼講師・塾生から生まれた「志を生きる人になる」知恵を、一度体験しませんか?

 
 
無料体験ワーク&説明会