塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

市川裕隆 氏

七宗町議会議員
一新塾46・48期卒塾

◎入塾前は会社員
→町議会議員


「七宗町への想い、志に生きる」


愛知県豊橋市に生まれました。小学校の頃から活発で、赤十字の活動をしたり、児童会長もやりました。
高校生の時からは、手筒花火にはまり、いろんな祭りに参加したり、ありとあらゆる遊びとバイトに明け暮れた高校生活を送っていました。

高校卒業して地元のゼネコンへ就職しました。配属されたリフォームの部署では、1 年目から現場を任され、試行錯誤しながら、
いろいろな方の知恵と力を借りながら、自分で仕事を覚えて、段取りして工事をするスタイルが出来上がりました。
地域密着の会社でしたので、上司と一緒に手筒花火を作り、いろいろなイベントへ手筒花火を揚げに行きました。
ゼネコンは5年で退社し、住宅リフォームを中心とした自営を始めました。

その後、妻と知り合い、子供が出来たのを機に、妻の実家の七宗町へ引っ越しました。七宗町では、製缶会社に11 年勤め、労働組合の執行役も経験。
そんな中、義父より議員に出てみないかと言われ、その後、一新塾に通うことに。2021年3月、七宗町議会議員補欠選挙にて当選。

議員として、学校統合を進めるに当り七宗町の教育改革を行うこととし、義務教育学校で9年間の小中一貫教育を目指して奮闘しています。
また、コミュニティースクールを活用し地域の方々を巻き込んだカリキュラムを構築を目指します。

2022年4月より会社も設立し、キッチンカーの販売、キャビンとトレーラーハウスの製作、建築工事、グループホーム、協同組合設立準備を行っています。
さらに、もう一つの柱として森林資源の活用の事業を進めています。

市川裕隆(七宗町議会議員)

 

無料体験ワーク&説明会