塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

岡部雅子 氏

ここから☆ビーチクリーン隊代表
一新塾33・35期卒塾

◎入塾前は介護職
→市民活動を始める


「ここから☆ビーチクリーン隊!」


私は2013年に一新塾に入塾しました。2011年の東日本大震災以降、奪い合いから助け合いの社会を切に望むようになったからです。
エネルギー、経済、原発、農業問題、それらの起こっている問題の本質が「奪い合い」としか思えません。空気も水も地球から無償で与えられているというのに。
私は、奪い合いの社会から脱却、助け合い分かち合う社会を切に望みます。
まず思うことは次世代のためにゴミを少なくして環境を汚さないような配慮が必要だと思いました。

一新塾に入った当時、介護職による燃え尽き症候群の回復に時間がかかったあとでした。
「ありのままでいられる居場所」があの時にあればと、自分の体験から一新塾では「いのち輝く生き方を メンタルケア支援プロジェクト
ここから☆」を立ち上げました。
「メンタルサポート自然散策会」や「傾聴フレンドここ友養成講座」「メンタル語り場ここから☆カフェ」など、様々な事にチャレンジしてみました。仲間との試行錯誤に鍛えられました。

現在は2017年から始めた検見川浜、幕張の浜で月に一度、清掃活動を行っています。一新塾で学んだこと、経験が様々役に立っています。
活動するボランティアの方も増え、自治体にも働きかけてゴミ箱を設置してもらうこともできました。
「イオンモール幕張新都心」からもお声がけをいただき、ご一緒に活動をさせていただきました。

砂浜は活動を始めた当時に比べると格段に綺麗になりましたが、マイクロプラスチックが細かすぎて回収困難なのが一番の問題です。

これからも、繋がること、循環すること、今ある資源を最大限に活かすことを大切にしながら、感謝の気持ちを持って仲間と前進していきたいと思っています。


岡部雅子(ここから☆ビーチクリーン隊代表)

 

無料体験ワーク&説明会