塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

齋藤哲 氏 (斉藤哲) さいとうあきら
浦安市議会議員
オムソーリ・プロジェクト代表
一新塾27・32・34期卒塾
一新塾卒塾生アドバイザー

◎入塾前は、会社員
  → 市民活動 + 市議会議員


「オムソーリ・プロジェクト」


32歳の時、父親が前頭側頭型認知症と診断され、「進行を止めたり治したりする治療法はまだありません。」との一文に絶望。

そんな絶望の最中に飛び込んできた一新塾からの塾生案内メールに「自分を救う道はここしかない」そう直感し、27期で通っていた一新塾に32期(2013年5月)で再入塾しました。

一新塾で仲間とプロジェクトを立ち上げ、認知症について学び始めました。 当時1ケ所しかない目黒区の認知症カフェに現場視察に行き、自分も気持ちが楽になる経験をしました。そこで、「自分が住む浦安市にも」と古民家を借りて浦安市で初の認知症カフェをスタート。名称は「オムソーリカフェ」。「オムソーリ」とはスウェーデン語で「悲しみの分かち合い」を意味する言葉です。

後に浦安市議会議員になり、プロジェクトも発展させています。

齋藤哲 (オムソーリプロジェクト代表・浦安市議会議員)

無料体験ワーク&説明会