塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

高橋弘展 氏

東峰村議会議員(福岡県朝倉郡)
一新塾32期卒塾

◎入塾前は会社員
→移住して、村議会議員


「人口2600人の村、東峰村(福岡県朝倉郡)に移住して」


私は大阪府出身、長崎の大学を出て、下関で造船設計に携わるサラリーマンでした。ものづくりに憧れてたからです。
しかし、実際は、船が完成しても「やりがい」というもの感じることが少なく、
「働くことって一体?」そんな違和感を抱えたまま、自宅に帰り、翌朝出社と、自宅と会社の往復を繰り返していました。

そんな時、大阪に住む母親が広島県の瀬戸内海の島にIターンしました。
畑を耕しながら毎日自然とともに生活したいと決意したその島は高齢化率が50%を超える限界集落。日本には多くの問題が山積していることを知りました。
母親を助けるためには、自分も主体的に動かなければと思い、2010年5月、一新塾の門をたたきました。

一新塾の現場視察会で、福岡県朝倉郡の2600人の村、東峰村で、村内CATVの「とうほうTV」の立ち上げをされている方との出会いがありました。
村人のための村人による番組づくりの情報発信。母親の限界集落の課題解決にも有効ではないかと、自分も開局に関わりたいと思いました。
11月「とうほうTV」の開局に合わせて会社を辞め、東峰村に移住しました。自分で稼ぎを得るまでは無給。社会起業を目標とし、ADという仕事から始まりました。

村人の方々との出会いが増える中で、村の課題解決のためにもっと直接何かしたいと思うようになりました。
一新塾でもプロジェクトのプランを考え、「6つの箱」や様々なワークシートに取り組みながら自分のできる事を探してゆきました。
そして、自分はここで村議会議員になって貢献しようと志がたち、2013年4月告示の東峰村議会議員の補欠選挙にて無投票で初当選。
2014年4月の東峰村議会議員選挙ではトップ当選となりました。

2017年には九州豪雨で東峰村は壊滅的な被害を受け、復興にも奔走。
2021年10月には行政改革や持続可能な村を目指して村長選挙に挑戦しましたが落選。2022年4月に村議会議員で再選となりました。

東峰村には村を良くしたいと行動している方がたくさんいます。
自分も村会議員として行政と住民が連携して平時も非常時も連携がとれるような村づくりに貢献してゆきたいと思います。

高橋弘展(32期/東峰村議会議員)

 

無料体験ワーク&説明会