塾生の声

一新塾卒塾生からのメッセージ

徳丸ゆき子 氏

NPO法人CPAO理事長
一新塾30期卒塾
一新塾OG講師

◎入塾前は、NGO職員
→子どもの貧困を解決する活動団体を立ち上げ


「子どもの貧困問題にアクションを」

私は小さい頃、登校拒否児でした。

「不登校の子供のためなら何かできるかも。」と最初の仕事は引きこもり支援の仕事を5年。

その後、国際協力NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンで10年。

その間に東日本大震災があり、復興支援のスタッフとして1年被災地に通いましたが、シングルマザーの私は3歳の子どもを連れて通っていたので大変でした。

組織で仕事をすることに限界を感じて、2012年一新塾の門を叩きました。

一新塾では様々な事業プランを考えましたが、卒塾間近の2013年5月24日に大阪市北区で母子が餓死する事件が起こったので、次の日に一新塾の仲間と「大阪貧困子どものアクショングループ」を立ち上げ。

そこからシングルマザー100人へのインタビュー、子ども食堂など、大阪市生野区で子どもの声を聴き心ある人とつながりながらアクションし続けています。

徳丸ゆき子(NPO法人CPAO理事長)

 

無料体験ワーク&説明会