メッセージ|NPO法人[社会起業・政策学校]一新塾(大前研一創設)|志で社会を変える主体的市民を育む

東京 大阪 名古屋 仙台 通信

一新塾代表理事・事務局長からのメッセージ

カリスマリーダーの時代から一市民の時代へ

一新塾代表理事・事務局長 森嶋伸夫事務局長の講座
事務局長のブログ

【森嶋伸夫 プロフィール】

1964年生まれ。1988年慶應義塾大学卒、積水ハウス(株) に入社。「都市開発」「まちづくり」の仕事に携わる中で、市民性と地域コミュニティの重要性を痛感し、一新塾へ入塾。志をさらけ出して生きること、異質同士が切磋琢磨し協働することの計り知れない可能性を実感。

1997年政策学校一新塾マネジャーへ。大前研一氏の下で薫陶を受ける。2002年一新塾のNPO化に伴い、代表理事・事務局長就任。20年で4600名の塾生の“志を生きる挑戦”に立ち会い、人生の転機での相談役。これまでに1000を超える市民からの社会変革プロジェクトをインキュベート。

「政策提言」「社会起業」「市民プロジェクト」立ち上げの独自の方法論を体系化。誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きられる『志を生きる方程式』のメッソッドを確立。 年間100の講座と700回の個別コンサルティングを行う。入塾前の体験講座として、一新塾体験セミナーも担当。これまで、体験セミナーは全国で千回開催、1万人が受講。市民起点の新しい国づくり、地域づくりの支援に全国を日々奔走している。

著書に『根っこ力が社会を変える』(ぎょうせい)、共著に『一新力』(文屋)、『今のニッポンを変えろ!』、『大前研一の一新塾』(プレジデント社)、『新しい日本をつくるために私ができることあなたができること』(ダイヤモンド社)

かつては、一部の限られた人たち、突出した才能や専門性を持つ人たち、特別な立場にある人たちだけに、リーダーとしての特権が与えられました。

しかし、いま、人口減少、急激な少子化高齢化の波、日本は答えのない時代に突入し、名もなき一市民でも、自らの志を鮮明にして、その志に身を投じることで、誰もがリーダーになれる時代となったことを実感しています。

今でこそ、社会変革のフロントランナーとして、政治の分野で、社会起業の分野で、突出した活躍をしている一新塾卒塾生も、かつては、名もなき一市民でした。一歩行動に踏み出すたびに、悩みも葛藤もありました。

紆余曲折の歩みの中で、手探りで道を尋ね、同志との切磋琢磨で互いの志を鮮明にすることで徐々に道が開かれていきました。

そもそも、私たちが生きるこの社会を礎としてずっと支え続けてきたのは、名もなき一市民の人たちの現場での汗と知恵です。その奥には、名誉や称讃などの野心から離れた純粋な志がありました。

どんな困難な試練があっても真心をもって挑戦し、限りを尽くして生きる。その純粋な志は一市民の日々の生活のなかで脈々と伝承され続け、今も息づいているのです。

試練の時代、道なきところに道を切り拓く知恵の源泉は、まさにここにあると確信しています。

この場では、誰もが、いつでも、どこでも、市民を生きるために、以下のリーダーシップの力を育み合っています。

●ゼロベースで哲学・社会ビジョンを描く力
●現場主義でPLAN→DO→SEE回す力
●人生を受けとめ合い、切磋琢磨し、協働する力
●心をつかむプレゼンテーション力
●多様な人を巻き込むファシリテーション力
●誰もが志を生きるマネジメント力
●ミッション基軸のプロジェクトを立ち上げる力

塾生がどのように学び、志を発見し、新しい人生を拓いているのか、「体験セミナー&説明会」(東京・大阪・名古屋・仙台)にてお伝えしております。
ぜひご参加ください。

  一新塾代表理事・事務局長
森嶋伸夫

「根っこ理論」とは?

 私たち自身の人生は木に例えることができます。 
志が「根っこ」なら、仕事やプロジェクトは「幹」です。
時に立ち止って振り返ってみますと自分の「根っこ」と「幹」が離れていることにハッとさせられます。離れている状況では、エネルギー源を外に求めるしかなく、周囲の声に翻弄されてしまいます。 だからこそ、「根っこ」と「幹」をくっついてみる。すると、内発的なエネルギーが湧き上がってきます。このエネルギーは誰にも止められません。さらに、同志を引きつけます。外部に翻弄されない、自分軸が貫かれたプロジェクトとなっていくのです。

カリキュラムを見る
無料 「体験ワーク&説明会」 資料請求
カリキュラム
一新塾とは
一新塾の理念
事務局長メッセージ
一新塾の歴史
組織
出版本
メールマガジン


   
事務局長ブログ twitter
カリキュラム
▼地域・通い方から探す 本科 東京 地域科 大阪・名古屋 地域科 仙台 通信科 全国 ▼カテゴリから探す 政策提言 社会起業 市民プロジェクト
一新塾の出版本
ページTOPへ戻る