大前研一氏(一新塾創設者1994年)|NPO法人[社会起業・政策学校]一新塾(大前研一創設)

東京 大阪 名古屋 仙台 通信

一新塾創設者

一新塾創設者 大前研一氏 プロフィール

一新塾創設者 大前研一氏
大前研一氏
(一新塾創設者・平成維新の会設立者・経営コンサルタント・学校経営者)

一新塾は1994年に大前研一氏によって創設されました。

「ゼロベースからの改革は
主体的な市民によってこそ可能である」


この大前氏の言葉が一新塾の原点です。

大前氏は、平成維新実現に向けて、ゼロベースでビジョンを描き、 しがらみにまみれることなく、プライドを横において、一市民に立ち戻り、 身を投じて、愚直なまでにまっすぐ突き進まれました。

その姿勢に学ばせていただくところから 始まった一新塾は、この20年、多様な社会変革に挑まれている講師の方をお迎えして「主体的市民として生き、社会を変える」志を生きる挑戦をそれぞれが積み上げてまいりました。

2003年には、NPO法人となり、運営体制は変わりましたが、創設者の大前氏の歩みや、講師の方からの知恵、ここで学ばれた塾生の挑戦によって生み出された具体的な独自の方法論を、市民の知恵として蓄積し、次なる方に伝承し続けています。

【 大前研一氏 プロフィール 】



1943年、福岡県に生まれる。
早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学 大学院原子核工学科で修士号を、
マサチューセッツ工科大学大学院原子力 工学科で博士号を取得。
株式会社日立製作所原子力開発部技師を経て、
1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。
以来ディレクター、 日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。

1992年には政策市民集団「平成維新の会」を設立、代表に就任。
1994年には20年以上勤めたマッキンゼー・アンド・カンパニーを退職。

同年、国民の間に議論の場を作るとともに、
人材発掘・育成の場として 「一新塾」を設立し、2002年9月まで塾長として就任。
現在はファウンダー。

世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、
グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。

経営コンサルタントとしても各国で活躍しながら、
日本の疲弊した政治システムの改革と真の生活者主権の国家実現のために、
新しい提案・コンセプトを提供し 続けている。

経営や経済に関する多くの著書が世界各地で読まれている。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院公共政策学部教授、
ビジネス・ブレークスルー大学大学院学長、ビジネス・ブレークスルー大学学長、
オーストラリアのボンド大学の評議員(Trustee)兼教授、
韓国の梨花大学国際 大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授、
ペンシルベニア大学ウォートンスクール SEIセンターのボードメンバーに就任するなど、
教育にも深く携わっている。

ビジネス・ブレークスルー大学大学院学長、ビジネス・ブレークスルー大学学長。

---------------------------------------------------------------

2015年9月13日、一新塾20周年特別講義が行われました。

一新塾20周年記念 一新塾創設者大前研一氏特別講義
【一新塾20周年記念】
一新塾創設者 大前研一氏 特別講義 「目覚めよ市民!生活者主権の国づくり」

 

カリキュラムを見る
無料 「体験ワーク&説明会」 資料請求
各種お申込み・お問い合わせ
資料請求
説明会
入塾申し込み/ 公開講座
お問い合わせ
プライバシーポリシー
地図
メールマガジン


   
事務局長ブログ twitter
カリキュラム
▼地域・通い方から探す 本科 東京 地域科 大阪・名古屋 地域科 仙台 通信科 全国 ▼カテゴリから探す 政策提言 社会起業 市民プロジェクト
一新宿の出版本
ページTOPへ戻る